投稿者「iwaki staff」のアーカイブ

コックコートに下着は合わせない?ユニフォーム会社が解説!

「コックコートの着方は何が正しいのか」
このように悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
確かに、普段着るものではないため、合わせ方が分からないですよね。
そこで今回はコックコートの合わせ方として正しいとされている着方を紹介します。
是非ご覧ください。

□正装では肌着を着用しない?

コックコ-トを初めて着る場合、合わせ方が分からない方も多いのではないでしょうか。
また普段から着ている場合でも、何となくでしか合わせ方を知らない方もいらっしゃるでしょう。
そこでここでは、コックコートの合わせ方を紹介します。

コックコートを着る際は、肌着を着ないことが正装とされています。
下着以外のものは何も着てはいけないとは驚きますよね。

肌着の着用を避けることが推奨されている理由として、安全性の確保が挙げられます。
調理場は火や油を使うことが多いため、火による怪我の対策は必要不可欠でしょう。
コックコートは調理中の火傷を防ぐために、前身頃が2重になっていたり、燃えにくい綿を用いていたりします。
そのため、万が一の火の事故に備えられるようになっています。

しかし肌着を着用していると、コックコートには燃え移らなくても、肌着に引火する可能性があります。
このような危険を避けるために、下には何も着ないことが正装となっていることを押さえておきましょう。
しかし女性の場合は、下着が透けるという問題もあるため、肌着を着用している方は多いです。

□袖は伸ばして着るのが正しい?

コックコートは袖が長いというイメージがあるかもしれません。
何故、袖が長いのか不思議ですよね。
理由の1つは、袖を伸ばして着ることもコックコートの正装の1つだからです。
しかし、伸ばしっぱなしでは調理の邪魔になる可能性があるため、カフス部分で折り曲げる方は多くいらっしゃいます。

それでは、最初から半袖のように袖を短くすれば良いのにと思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし利便性に関するもう1つの理由があるため、袖は長い必要があります。
もう1つの理由とは、熱いものを運ぶ時に便利だからです。

調理場は、ランチやディナーの時間は特に忙しくなります。
そのような時に、熱いものを運ぶため毎回鍋つかみを探していると、時間ロスに繋がるでしょう。
袖を代用することで、スムーズにお客様に料理を提供できます。

□まとめ

コックコートの合わせ方としてコックコ-トの正装である肌着の着用はしないことと、袖は伸ばすことを紹介しました。
しかし、人によっては仕事のしやすさを考慮して、肌着を着用したり袖を折り曲げたりしているため、ご自身で選択することが大切でしょう。
コックコートを検討されている方は、是非当社にお任せください。

介護服を探している方へ!スクラブが仕事に適したデザインであることを説明します!

「介護服に何を選べば良いのか分からない」
このように困っていらっしゃる方は多いと思います。
仕事で使うため、こだわりたいポイントは様々ですよね。
そこで今回は、介護服にはスクラブがふさわしい理由をデザインや機能性の面から説明します。
介護服に悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

□介護服にスクラブがおすすめの理由とは?

介護職に就いていらっしゃる方は、介護服を何にするか悩んだことはありませんか。
値段だけではなく、デザインや機能性を求めるとなかなか良いものが見つからないですよね。
そこで、スクラブをおすすめします。

スクラブとは介護現場のユニフォームとしてよく取り入れられている衣類で、まるごとゴシゴシと洗える特徴があります。
では実際に、スクラブにはどんなデザインや機能性があるのでしょうか。

1つ目は、気になる体型をカバーできることです。
ピチピチした介護服を着ていると、お腹周りやお尻が強調され、体型を隠せません。
できれば体型が隠れるようなユニフォームを望んでいる方は、多いのではないでしょうか。

スクラブはゆったりしたデザインのため、体のラインが出にくいです。
種類によってはお尻の辺りまで長さがあるため、お尻のカバーも万全です。

また女性の場合、胸や脇が服の隙間から覗くことを気にする方もいらっしゃると思います。
意外と前屈みになったときや、腕を挙げたときに見えていることをご存知でしょうか。
スクラブはVネックのものが多いため見えやすいですが、V字が浅いものを着用すれば解決できるでしょう。
さらに、脇にゴムが付いていて、脇が見えない工夫がされているスクラブもあります。

2つ目は、ファスナーによる巻き込み事故が防げることです。
ファスナー付きの衣類は、引き上げるだけで簡単に着られることが特徴です。
しかし、介護服にファスナーが付いていると不便なことや危険なこともあるでしょう。

例えば、急いで引き上げることで自身の指や服を挟んでしまい、時間のロスが生まれます。
他にも、ファスナーの引き上げる部分が患者さんの衣類と引っかかる可能性もあります。
スクラブにはファスナーがないものや、前身頃にあってもファスナーが隠れるものがあります。
このようにスクラブは安全性を考えた衣類のため、安心して介護服として使用できるでしょう。

□まとめ

今回は介護職にスクラブが適している理由をデザインの側面から説明しました。
見た目を気にする方もスクラブは選びやすく、実際に介護する際も安全性が保たれることがお分かりいただけたと思います。
介護服にスクラブをお求めの方はぜひ当社にお任せください。
豊富なデザインや機能性のあるスクラブを取り揃えております。

介護職の方へ!スクラブの素材について解説します!

「スクラブはどれも一緒」
このように思っている方もいらっしゃると思います。
しかし、スクラブにも違いがあることをご存知でしょうか。
そこで今回は、ポリエステル製のスクラブとニット素材のスクラブの特徴を紹介します。

□ポリエステル製のスクラブの特徴とは

素材がポリエステルのスクラブ1つ目の特徴は強度が高く、丈夫なことです。
そのため、長持ちするというメリットがあります。
ユニフォームは消耗品ですが、すぐに買い換えが必要なものだとお金がすぐ減ってしまいます。
スクラブは一度購入すると長い間使えるため、節約にも繋がるでしょう。

また、その強度のおかげで、ポリエステル製のスクラブはゴシゴシ洗えることもメリットだと言えるでしょう。
ポリエステル生地のスクラブは強い力でこすっても痛みにくいです。
介護職の方は仕事中に服が汚れることが多く、さらに清潔感が常に求められるため、ユニフォームの洗濯は必須です。
忙しくて、洗濯機で洗う時間がないときに強くこすって手洗いできることは、時短に繋がるので助かりますよね。

2つ目の特徴は速乾性があることです。
仕事の時間が一定でない場合、日中に洗濯物が干せない、乾かす時間がないという方もいらっしゃると思います。
生乾きのユニフォームを着ると臭いが気になったり、湿ったユニフォームが肌に触れて不快に感じたりする場合があります。
ポリエステル製のスクラブは乾きやすいため、干す時間が短くて困っている方に適していると言えるでしょう。

□ニット素材のスクラブの特徴とは

ニットというとウールのことを思い浮かべる方もいらっしゃると思います。
しかし、ニットとは編み物のことを指します。
ニット素材のスクラブは編んで作られていることを意味していて、必ずしもウールが使われているという訳ではありません。

そんなニット素材のスクラブの特徴は伸縮性があることです。
介護職は動き回る仕事のため、伸びにくい生地のユニフォームは不便でしょう。
伸縮性があると、ストレスなく仕事に集中できます。

また、しわが付きにくいこともメリットだと言えるでしょう。
そのため、アイロンをしなくても仕事着として使用できます。
清潔感を求められる方や、洗濯後、アイロンをかける時間がないほど忙しい方におすすめです。
しかし、洗濯時にはネットに入れて洗濯する、乾燥機の使用を控えるなどの細かいルールがあり、それを守らないとスクラブが伸びる可能性があります。
ニット素材のスクラブを使用する際は気をつけましょう。

□まとめ

今回はポリエステル製のスクラブとニット素材のスクラブの紹介をしました。
ユニフォームはいつか買い換えるものですが、機能性を重視するとより快適に仕事を行えるでしょう。
この生地を参考にしてスクラブを選んでください。