豆知識」カテゴリーアーカイブ

空調服が涼しくない理由とは?対策方法を紹介します!

「涼しいってよく聞くけど空調服は本当に涼しいのだろうか」
このように思っている方はいらっしゃいませんか。
そこで、今回は涼しさを感じる理由と涼しくないと感じるときの対処法を紹介します。

□涼しく感じる理由とは

そもそも空調服を着て本当に涼しく感じられるのかと疑う方もいらっしゃるでしょう。
実際に、空調服を着た人と普通の服を着た人を同じ場所で比べると、圧倒的に空調服を着た人の温度の方が低いことが分かっています。

空調服を着ると温度を下げられる理由は汗がポイントになっているからです。
皮膚が暑さを感じると脳に信号を送ります。
そうすると、脳は温度を下げるために汗を分泌するので、その汗が蒸発するときの気化熱で涼しく感じるのでしょう。
気化熱とは水分が蒸発する際に生じる冷気のことを指します。
夏の暑い時期に打ち水をすると涼しく感じられるのと同じ現象です。

ファンで風を送ることで、汗の蒸発を促し、気化熱の効率を上げることで、普通の作業着よりも速く涼しく感じられます。

□涼しくないと感じる場合の原因と対処法とは

空調服を着ることで涼しくなることがお分かりいただけたと思いますが、中には涼しく感じないという声もあります。
そこで、よくありがちな涼しくないと感じるときの原因と対処法を紹介します。

1つ目の原因は汗をかいていないからです。
空調服から直接涼しい風が送られてくるわけではありません。
上記で説明したように、汗をかくことで空調服の力を発揮できるのです。
また、汗をかいていても空調服の下に着ているものの通気性が悪いと涼しさを感じにくくなるでしょう。
空調服の下には通気性の良いものを選ぶことをおすすめします。

2つ目の原因は服の密着性がないからです。
暑く感じる際に、服が密閉していると熱中症の危険性があるからと、服を緩める方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、空調服の場合、ところどころから空気が漏れると、上手く空気が循環できず、汗が蒸発しにくいです。
ただ、空気の通り道は確保することが大切です。
そのため、袖や首元は開けておきましょう。

3つ目の原因はファンに不具合があるからです。
空調服のファンが正常に動いていないと汗の蒸発を効率的に促せず、涼しく感じられないでしょう。
ファンからの風が弱いと感じるときはファンに問題が生じている可能性があります。
定期的なメンテナンスをすることでファンの問題は解決できます。

□まとめ

今回は空調服が涼しく感じる理由と涼しくないと感じるときの対処法を紹介しました。
夏の暑い時期には空調服が大いに活躍するでしょう。
また、空調服をお探しの方はぜひ当社にお任せください。
皆様からのお問い合せをお待ちしております。

ユニフォーム会社が解説!スクラブの洗濯方法についてお教えします!

「スクラブは洗濯できるの」、「洗濯時に役立つスクラブの機能はあるのか」
このように疑問に思っている方もいらっしゃると思います。
仕事で着るとなると簡単に清潔さを保てることは重要でしょう。
そこで、スクラブを洗う際の注意点と洗濯時に役立つスクラブの機能を紹介します。

□スクラブの洗濯時の注意点

1つ目の注意点はスクラブを別洗いすることです。
スクラブは様々な色があることが特徴です。
そのため、色によっては他の洗濯物に色移りする可能性があります。
さらに、介護の仕事をしていると気が付かないうちに菌や汚れが付着しているかもしれません。
スクラブを別洗いすると、他の洗濯物の心配をしなくて済むのでおすすめです。

2つ目はスクラブをネットに入れることです。
ネットに入れることで、他の衣類にぶつかりにくくなるため、スクラブがさらに長持ちしやすくなります。
また、洗濯機にスクラブを入れる前にポケットに何も入っていないことを確認してください。
ティッシュと一緒に洗濯してしまうと、衣類に付いてしまい余計な取る作業が増えてしまいます。

3つ目はすぐに干すことです。
洗濯が終わったら、速やかに干しましょう。
日陰で干すと乾きにくく、しわが付きやすくなるため、日の出ているタイミングで干せるとより速く乾きます。
スクラブはしわが付きにくい衣類ですが、普段からの扱いには気をつけましょう。
乾かす時間がない方は乾燥機の使用も有効です。

□洗濯時に役立つスクラブの機能とは

*工業洗濯対応について解説

工業洗濯とはクリーニングで使用される水温60度での洗濯のことを指します。
通常のスクラブは、温度が高い水で洗濯をすると傷む可能性があります。
しかし、工業洗濯可能の表記があるスクラブは通常のものよりも熱に強いため、色持ちが良く形が崩れにくいです。
長持ちするスクラブをお探しの方におすすめだと言えるでしょう。

*速乾性について解説

速乾性がある衣類は乾くのが速いため、着たいときにすぐに着られます。
ユニフォームの洗い替えを持っていても、洗濯が追いつかないことがあります。
そんなときに乾きが遅いものを使用していると、使えるのもがなくなり、困ってしまいますよね。
しかし、スクラブのように速乾性があると、少し待っているだけで着られるため、おすすめです。

*消臭や抗菌効果について解説

普段は毎日洗濯をしていても、どうしても洗濯ができない状況があると思います。
そのときに気になるのは臭いの問題ではないでしょうか。
消臭、抗菌効果があるスクラブを着ると臭いの問題も解決できるでしょう。

□まとめ

今回はスクラブを洗濯する際の注意点と洗濯時に役立つ機能を紹介しました。
スクラブを洗濯する際に丁寧な扱いを心がけることで長持ちします。
役立つ機能はいくつかあるため、適していると思うものを選ぶことをおすすめします。
スクラブをお探しの方は是非当社にお任せください。

コックコートで失敗しないサイズの選び方

コックコートにはサイズがあります。
どのようにサイズを選べば良いかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
大きめだと邪魔になる可能性が高く、小さいと動きにくいでしょう。
コックコートのサイズには選び方があります。

□コックコートのサイズの測り方

コックコートのサイズを選ぶ前に、コックコートのサイズはどのように表記されているかを知ることが大切です。
コックコートのサイズ表の多くは、肩幅、胸囲、着丈、袖丈の4つの大きさが書かれています。
これらがどのように測られているかを知れば、コックコートの大きさの感覚をつかめるでしょう。
部位ごとの採寸方法と、コックコートのサイズの目安について解説します。

*部位ごとの採寸方法

部位ごとにサイズが書かれていても、どこからどこまでの長さかを知らないと大きさが把握できないでしょう。
1つずつ確認しておきましょう。

まずは肩幅ですが、左右肩先の縫い目から、もう片方の肩先の縫い目までの長さです。
胸囲は袖の付け根から水平にまっすぐ伸ばし、片方の袖の付け根部分までを測り、それを2倍することで求められるでしょう。
着丈は襟の付け後ろの縫い合わせの中央から裾に対して垂直にメジャーを伸ばして、裾先までの長さです。
袖丈は肩先の縫い目から袖口までの長さです。

*コックコートのサイズ目安

コックコートの大体の大きさを身長を目安に紹介します。
Sは大体160~170cmの人用で、Mは165~175cm、Lは170~180cmです。
もちろんこれよりも大きいサイズのものもありますが、身長よりも各部位に注意しましょう。

□コックコートのサイズの選び方

コックコートのサイズについて述べてきました。
これでなんとなくコックコートのサイズの見方がお分かりいただけたと思います。
しかしコックコートを選ぶ際には、各部位の大きさの他に、気を付けておくべき点があります。

それは商品によってコックコートのサイズ感が同じではないことです。
例えば、同じサイズでも綿と混合では柔らかさや伸び具合でサイズ感が異なるでしょう。

コックコートは少しゆったりとしたサイズが一般的です。
ぴったりだと動きにくいので、少し大きめにつくられています。
しかし、大きすぎるものを買うと動きにくいので注意が必要でしょう。
コックコート選びは難しいですが、一番おすすめの選び方は、試着することです。

当社でも無料(※返送の際は送料ご負担となります。)で試着ができるので、お気軽にご利用ください。

□まとめ

コックコートは案外フィットする大きさを探すのが難しいです。
必ず試着をしてから購入しましょう。