空調服って何?その効果をご紹介!

空調服という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
名前は聞いたことがあるけれど、どのようなものかはよくわかっていないという方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、空調服について紹介します。

□空調服とは

空調服には空調という単語が含まれているため、温度を調整する服のようなイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれません。
空調服は、ファンが付いている作業着で、服自体の温度が変化するものではありません。
作業中に空気を送り込むことで、服の中を快適に保ちます。

空調服はファンで服の中に送り込み、汗を気化させて体温を下げます。
そもそも汗には、体表に水を発生させ、それを気化させることで体温を下げる役割があります。
空調服は、その気化の速度をより早くして、体温を下げるでしょう。
体温を正常に保つ効果があるため、熱中症予防として注目されています。

そのほかにも、無駄な汗をかかないため、皮膚病予防としても効果的でしょう。

空調服のファンは、充電式のバッテリーの電力で動いています。風量の調節などもでき、空調服を着ることで快適に作業できるでしょう。

□空調服のメリットとデメリット

空調服は、快適な作業環境を作り出すのに最適です。
以下ではそのような空調服の詳しいメリットとデメリットについて紹介します。

*空調服のメリット

空調服は、屋外だけでなく、屋内の作業時にも向いています。
最近の空調服はエアコンなどの空調がない室内でも過ごしやすいようにつくられており、また空調服の下に接触冷感のインナーや保冷剤付きのベストをつけるとより一層効果を発揮しますので、おすすめです。
特に近年は熱中症などがニュースなどでもよく叫ばれているため、最新の空調対策をしてしっかりと暑さ対策を行うようにしましょう。

*空調服のデメリット

メリットの多い空調服ですが、デメリットもあります。
まずは、バッテリー切れがあることです。
電力で動いているため、仕方のないことです。
バッテリーが切れないようしっかり管理しておきましょう。

また、長袖の場合、袖が膨らんで作業の邪魔になることがあります。
しかし、このデメリットは、半袖の空調服を買えば解決できるでしょう。

□まとめ

空調服は、夏の作業に欠かせないものです。特にここ数年の夏はかなり温度も高くなっているため、空調対策がかかせません。
最新の空調服はファンで体を冷やし続けてくれるのは魅力的です。
熱中症で倒れる前に、空調服を買って対策をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)