コックコートにはどんなメリットがあるの?

飲食店の厨房に立っている料理人は、白いコックコートを着ているイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
飲食店の厨房でコックコートがよく着られているのには、理由があります。
どのようなメリットから、コックコートが良く着られているかについてご紹介します。

□コックコートの特徴

コックコートは、料理人が着るための服です。
素材は綿100%が主流で、厨房の火が燃え移りにくいという特徴があります。
綿は吸水性にも優れているため、汗もよく吸います。
まさに、厨房ではおすすめのユニフォームでしょう。

コックコートといえば白というイメージが強い方が多いかと思います。
なぜコックコートは白なのでしょうか。
もちろん、染めるのが面倒などという理由で白いわけではありません。

コックコートが白い理由は、汚れを目立ちやすくするためです。
料理をする際には、衛生に気を付ける必要があります。
もしコックコートが黒いと、汚れが目立たず、汚れがついたまま料理をしてしまうかもしれません。
そのような危険を避けるために、白が多く採用されています。

料理人が白の綺麗なコックコートを着ていると、清潔感があり安心できるでしょう。

□コックコートのメリット

コックコートにはさまざまなメリットがあります。
コックコートの魅力を知るためにも、把握しておきましょう。

*二重構造で火傷から守る

そもそもコックコートは綿でできているため、ポリエステルなどによって作られた生地より燃えにくい特徴があります。
それだけでなく、前合わせは二重になっていることで、厚みができて、火傷を回避できるでしょう。
そのため、熱湯や油を使用する厨房でも安全に調理が行えます。

*異物混入を阻止するボタン

最近では、食材以外のものが料理に入っていると、異物混入として大騒ぎになってしまいます。
そのような事態を避けるために、コックコートのボタンは取れにくいものが使われています。
また、熱や衝撃でも壊れないため安心でしょう。

*常に清潔であるかどうかがわかりやすい

白は汚れてしまったら目立つため、汚れに気づきやすいです。
また、白の上の汚れは隠せません。
そのため、清潔な状態を維持する必要が生まれるでしょう。
そうして、コックコートは常に清潔に維持されるのです。

□まとめ

コックコートは、料理をするために作られているため料理をする際に非常に重宝します。
料理をしない皿洗いも、同じ制服を着れば連帯感も高められます。
コックコートを買って、清潔感と快適さを手に入れて料理を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)