ユニフォーム会社が解説!スクラブの洗濯方法についてお教えします!

「スクラブは洗濯できるの」、「洗濯時に役立つスクラブの機能はあるのか」
このように疑問に思っている方もいらっしゃると思います。
仕事で着るとなると簡単に清潔さを保てることは重要でしょう。
そこで、スクラブを洗う際の注意点と洗濯時に役立つスクラブの機能を紹介します。

□スクラブの洗濯時の注意点

1つ目の注意点はスクラブを別洗いすることです。
スクラブは様々な色があることが特徴です。
そのため、色によっては他の洗濯物に色移りする可能性があります。
さらに、介護の仕事をしていると気が付かないうちに菌や汚れが付着しているかもしれません。
スクラブを別洗いすると、他の洗濯物の心配をしなくて済むのでおすすめです。

2つ目はスクラブをネットに入れることです。
ネットに入れることで、他の衣類にぶつかりにくくなるため、スクラブがさらに長持ちしやすくなります。
また、洗濯機にスクラブを入れる前にポケットに何も入っていないことを確認してください。
ティッシュと一緒に洗濯してしまうと、衣類に付いてしまい余計な取る作業が増えてしまいます。

3つ目はすぐに干すことです。
洗濯が終わったら、速やかに干しましょう。
日陰で干すと乾きにくく、しわが付きやすくなるため、日の出ているタイミングで干せるとより速く乾きます。
スクラブはしわが付きにくい衣類ですが、普段からの扱いには気をつけましょう。
乾かす時間がない方は乾燥機の使用も有効です。

□洗濯時に役立つスクラブの機能とは

*工業洗濯対応について解説

工業洗濯とはクリーニングで使用される水温60度での洗濯のことを指します。
通常のスクラブは、温度が高い水で洗濯をすると傷む可能性があります。
しかし、工業洗濯可能の表記があるスクラブは通常のものよりも熱に強いため、色持ちが良く形が崩れにくいです。
長持ちするスクラブをお探しの方におすすめだと言えるでしょう。

*速乾性について解説

速乾性がある衣類は乾くのが速いため、着たいときにすぐに着られます。
ユニフォームの洗い替えを持っていても、洗濯が追いつかないことがあります。
そんなときに乾きが遅いものを使用していると、使えるのもがなくなり、困ってしまいますよね。
しかし、スクラブのように速乾性があると、少し待っているだけで着られるため、おすすめです。

*消臭や抗菌効果について解説

普段は毎日洗濯をしていても、どうしても洗濯ができない状況があると思います。
そのときに気になるのは臭いの問題ではないでしょうか。
消臭、抗菌効果があるスクラブを着ると臭いの問題も解決できるでしょう。

□まとめ

今回はスクラブを洗濯する際の注意点と洗濯時に役立つ機能を紹介しました。
スクラブを洗濯する際に丁寧な扱いを心がけることで長持ちします。
役立つ機能はいくつかあるため、適していると思うものを選ぶことをおすすめします。
スクラブをお探しの方は是非当社にお任せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)