コックコートはどっちが上?ユニフォーム会社が伝授します!

コックコートにはダブルのものがあることをご存知ですか。
前面が二重になっているため、どっちが上に来るのが正解か分からない方もいらっしゃると思います。
そこで、今回はダブルのコックコートがある理由とその着方、コックコートの他の特徴について紹介します。

□ダブルのコックコートについて解説

ダブルのコックコートとは、衣類で胴体の前を覆っている前身頃が二重になっているコックコートのことです。
ダブルになっている理由は火傷のリスクを減らすためです。
調理場では熱いものを運んだり、炒めたりするため、火や熱の扱いが悪いと大きな事故にも繋がります。
自分は気をつけていても相手の不注意により、火傷をする可能性もあるでしょう。
いつ火や油がかかってきても大事にならないように、前身頃が二重になっています。

また、他の理由としてお客様に清潔感を与えるためということも挙げられます。
ユニフォームが汚い店員から提供された料理を食べたいと思う方は少ないでしょう。
お客様からの信頼を得るために清潔感は必要です。
汚れた前身頃をもう1枚の前身頃と入れ替えることで、着替えずに清潔感を与えられるでしょう。
しかし、汚れていることには変わりないため、すぐに洗濯することをおすすめします。

ダブルのコックコートを着用する際はどっちが上にきたら正解か悩んでいる方も多いと思います。
ダブルの場合、どちらを上に着ても問題はありません。
上記で述べたように、汚れが目立ったらコックコートの前身頃を入れ替えるため、好きな方を上にしましょう。
しかし、見比べて綺麗な方を上にしておくと安心です。

一方、シングルやアシンメトリーのコックコートを着用する際は決まりがあるため、注意が必要です。

□その他の特徴について解説

コックコートの他の特徴はボタンが布製であることです。
調理人が着ているユニフォームで一般的なボタンのイメージがない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
布で覆われているくるみボタンを使用する理由は調理中に起こり得るトラブルを回避するためです。
通常のボタンを使用すると気が付かない間にボタンが取れることがあります。
そのボタンが料理に紛れ込んでしまうと異物混入となり、深刻な問題へと発展する可能性があります。

一方、コックコートに使われているボタンは布に直接縫い付けてあるため、落ちにくくなっており、安心できるでしょう。

□まとめ

今回はコックコートの特徴とダブルのコックコートの前身頃はどっちが上に来たら良いかについて紹介しました。
調理のことを考えて作られたコックコートは飲食店にぴったりでしょう。
コックコートの購入を検討されている方はぜひ当社にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)