飲食店で働く方へ!コックコートとは何か説明します!

コックコートとは、飲食店でコックが着ているユニフォームのことを指します。
コックコートには飲食店に最適な特徴が多く備わっています。
そこで、コックコートの素材のメリット、デメリットと特徴について紹介します。

□コックコートの素材ごとのメリット、デメリットとは

現在、一般的に広く出回っているコックコートの素材は綿100パーセント、ポリエステル100パーセント、綿とポリエステルが半分ずつ使用されたものが多いです。
それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

*ポリエステル100パーセントのコックコートのメリットとデメリットについて

ポリエステル100パーセントのコックコートは綿のコックコートと比べて、扱いが簡単というメリットがあります。
化学繊維であるポリエステルを使用しているため、洗濯をしても縮みにくく、シワも付きにくいです。
そのため、アイロンをかける手間が省けるのが嬉しいポイントですよね。
普段、忙しくてなかなかお手入れに時間をかけられない方におすすめです。

一方、デメリットとして燃えやすいことが挙げられます。
引火すると燃え広がりやすいため、火を使う機会が少ないホールや洗い場、下ごしらえをする方に適していると言えるでしょう。

*綿100パーセントのコックコートのメリットとデメリットについて

綿100パーセントのコックコートのメリットは火に強いことです。
ポリエステル製よりも、火に近づいた時に引火する可能性が低いです。
さらに、万が一、コックコートに火が付いても燃え広がりにくいので、火を扱う調理場で重宝するでしょう。

デメリットはメンテナンスをしっかり行う必要があることです。
綿100パーセントのコックコートは洗濯時に縮んだり、シワができたりする可能性が高いです。
アイロンが必須なので、手間がかかるため、面倒だと言えるでしょう。

□コックコートの特徴とは

コックコートは袖が長いことが特徴です。
料理を作る人のユニフォームの袖が長いことに疑問を覚える方もいらっしゃるかもしれません。
実は、袖が長い理由は鍋つかみの役割を果たしているからです。

忙しい時間帯では、毎回鍋つかみをはめたり、外したりする時間のロスをなるべく防ぐ必要があります。
お客様にすぐに料理を提供するために、袖は長くなっています。

また、一般的なボタンだと、作業中に引っかけて壊れる、熱で溶けるといったトラブルが発生するかもしれません。
そのため、コックコートは一般的なボタンではなく、くるみボタンが採用されています。
生地に包まれているくるみボタンはそのようなトラブルがおこりにくいため、お客様に安全に料理を提供できます。

□まとめ

今回は一般的なコックコートの素材のメリットとデメリット、特徴を紹介しました。
どちらのコックコートも一長一短なため、ニーズに合ったものを選びましょう。
コックコートは飲食店での利便性を求めたユニフォームです。
そんなコックコートをお探しの方はぜひ当社にお任せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)