介護服を探している方へ!スクラブが仕事に適したデザインであることを説明します!

「介護服に何を選べば良いのか分からない」
このように困っていらっしゃる方は多いと思います。
仕事で使うため、こだわりたいポイントは様々ですよね。
そこで今回は、介護服にはスクラブがふさわしい理由をデザインや機能性の面から説明します。
介護服に悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

□介護服にスクラブがおすすめの理由とは?

介護職に就いていらっしゃる方は、介護服を何にするか悩んだことはありませんか。
値段だけではなく、デザインや機能性を求めるとなかなか良いものが見つからないですよね。
そこで、スクラブをおすすめします。

スクラブとは介護現場のユニフォームとしてよく取り入れられている衣類で、まるごとゴシゴシと洗える特徴があります。
では実際に、スクラブにはどんなデザインや機能性があるのでしょうか。

1つ目は、気になる体型をカバーできることです。
ピチピチした介護服を着ていると、お腹周りやお尻が強調され、体型を隠せません。
できれば体型が隠れるようなユニフォームを望んでいる方は、多いのではないでしょうか。

スクラブはゆったりしたデザインのため、体のラインが出にくいです。
種類によってはお尻の辺りまで長さがあるため、お尻のカバーも万全です。

また女性の場合、胸や脇が服の隙間から覗くことを気にする方もいらっしゃると思います。
意外と前屈みになったときや、腕を挙げたときに見えていることをご存知でしょうか。
スクラブはVネックのものが多いため見えやすいですが、V字が浅いものを着用すれば解決できるでしょう。
さらに、脇にゴムが付いていて、脇が見えない工夫がされているスクラブもあります。

2つ目は、ファスナーによる巻き込み事故が防げることです。
ファスナー付きの衣類は、引き上げるだけで簡単に着られることが特徴です。
しかし、介護服にファスナーが付いていると不便なことや危険なこともあるでしょう。

例えば、急いで引き上げることで自身の指や服を挟んでしまい、時間のロスが生まれます。
他にも、ファスナーの引き上げる部分が患者さんの衣類と引っかかる可能性もあります。
スクラブにはファスナーがないものや、前身頃にあってもファスナーが隠れるものがあります。
このようにスクラブは安全性を考えた衣類のため、安心して介護服として使用できるでしょう。

□まとめ

今回は介護職にスクラブが適している理由をデザインの側面から説明しました。
見た目を気にする方もスクラブは選びやすく、実際に介護する際も安全性が保たれることがお分かりいただけたと思います。
介護服にスクラブをお求めの方はぜひ当社にお任せください。
豊富なデザインや機能性のあるスクラブを取り揃えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)