スクラブを着用する方へ!プリントしてオリジナルスクラブを作ることについて解説!

スクラブを職場で着る場合、統一感が欲しいという方もいらっしゃるでしょう。
そのような方には、スクラブにオリジナルプリントすることをおすすめします。
プリント入りのスクラブに満足するには、プリント方法と扱い方を知る必要があるでしょう。
そこで今回は、スクラブへのプリント方法と、洗濯方法を紹介します。

□プリント方法について

スクラブにプリントする方法には、いくつか種類があることをご存知ですか。
プリント方法が複数あると、どれを選べば良いのか分かりませんよね。
そこで、当社で扱っているシルクプリントと転写プリントの2種類を見ていきましょう。

シルクプリントとは、型枠と呼ばれるものを用いて印刷する方法です。
型枠はセロハンに穴が開いているところと開いていないところがあります。
そこにインクを流すと、穴の開いたところにのみ色が付き、デザイン通りの文字やイラストがプリントできます。
インクの色も豊富なため、理想的なオリジナルスクラブができるでしょう。

しかし、色ごとに型枠が必要となるため、少ししか作らない場合は割高になります。
大量生産を予定している方はシルクプリントが適しています。
多少時間もかかってしまうため、早急に完成させたい方には向いていないでしょう。

一方、転写プリントとはスクラブにシールのようなものを貼り付けてプリントする方法です。
写真やイラストのデータを取り込んでプリントするため、細部までこだわりたい方に向いているでしょう。
また、シルクプリントのように型が必要ないため、少数の製作にも向いています。

貼り付けているため、プリント部分が剥がれてしまう恐れがあります。
しかし、強力な接着剤を用いて、はがれを阻止しているためあまり気にならないでしょう。

□洗濯方法について

上記ではプリント方法を2種類紹介しました。
プリントをすると、オリジナル感があり、チームの一体感や責任感が生まれ、仕事に張りが出るでしょう。
しかし、扱い方が雑になると、プリントが色あせたり剥がれたりする恐れがあります。
そこで、長持ちさせるための洗濯方法を説明します。

プリント入りのスクラブを洗濯機に入れる際は、裏返しにして入れましょう。
裏返しにすることで、他の衣類との摩擦ダメージを軽減できます。
さらに、ネットに入れるとより長持ちできるでしょう。

洗った後は、表向きに直して、陰干しをします。
直射日光に晒すと、プリント部分が干からびる恐れがあります。

□まとめ

今回はスクラブへのプリント方法2種類と、洗濯方法について説明しました。
プリント方法ごとに特徴があるため、ご自身に合った方法を選ぶことが大切です。
当社では、様々な機能のあるスクラブを取り扱っているため、スクラブの購入を検討されている方はぜひ当社をご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)