コックコートを検討している方へその選び方をご紹介します

この記事をお読みの方で、コックコートのご購入をお考えの方はいらっしゃいませんか。
そういった方の中には、どういったコックコートを選べば良いかお悩みの方もいらっしゃいますよね。
そこで今回は、ユニフォーム業者である当社がコックコートの種類、コックコートを選ぶコツをご紹介します。

□コックコートの種類をご紹介

コックコートと言えば、料理人が厨房で料理をするときに着用するユニフォームですよね。
おそらくほとんどの方はコックコートに対してシンプルなユニフォームであるというイメージをお持ちでしょう。
しかし、コックコートにも様々な種類のものがあります。
そこで今回は、コックコートの素材、デザインに関してご紹介します。

*コックコートの素材について

今回は、コックコートでよく用いられる素材を4つご紹介しましょう。

1つ目は、超長綿ツイルです。
超長綿ツイルは綿100パーセントの素材で、格段に細く長く丈夫な繊維で織られています。
美しいツヤが特徴的で、高級感があるでしょう。
トップシェフが接客をする際に着用するトップコートには最適な素材ですよ。

2つ目は、新木綿ツイルです。
新木綿ツイルは超長綿ツイルと同様に綿100パーセントの素材で、柔らかく高級感のある極上素材です。
着心地が良く、何度洗濯したとしてもすぐに傷んでしまうことはないでしょう。

3つ目は、カツラギです。
カツラギも超長綿ツイルと同様に綿100パーセントの素材ですが、繊維が太いことが特徴的でしょう。
厚手で火に強く、かつてからコックコートの生地として愛用されてきました。

4つ目は、ツイルです。
ツイルはポリエステル65パーセント、綿35パーセントの割合で織られた生地です。
カツラギに比べると少し薄手ですが、ポリエステルが多く使用されているため吸収性と速乾性に優れていることが特徴的でしょう。

以上、コックコートでよく用いられる素材を4つご紹介しました。

*コックコートのデザインについて

次に、コックコートのデザインに関して紹介します。
コックコートは主に3つのデザインに分けられるでしょう。

1つ目は、ダブルタイプです。
ダブルタイプとは前面が二重になっているタイプのもので、コックコートといえばこれをイメージされる方も多いでしょう。
前面が二重になっているため、多少熱湯がかかったとしても熱みを感じるまでに染み込むことはないでしょう。
また、コックコートが汚れてしまったとしても重なった部分を入れ替えることでキレイな状態を保ったまま人前に出られるでしょう。

2つ目は、シングルタイプです。
シングルタイプは前面の中央でボタンを閉めるタイプのもので、いわゆるシャツのようなユニフォームです。
現代的でシンプルなデザインがとても上品に感じられますよ。

3つ目は、アシンメトリータイプです。
アシンメトリーとは、「非対称」という意味です。
フランスやイタリアで製造されるコックコートによく用いられるタイプのもので、これもまたオシャレですよ。

以上、コックコートのデザインについてご紹介しました。

□コックコートを選ぶコツとは

これまで、コックコートにも様々な種類のものがあるということをご紹介してきました。
それでは、どういったコックコートを選ぶのが良いのでしょうか。

コックコートを選ぶコツとはズバリ、素材やデザインの機能性に着目することです。
例えば、火の勢いが強い厨房で料理に集中されるシェフの方であるならば、耐火性に優れている綿100パーセントの素材、火が移ったとしてもすぐにボタンを外しやすいタイプのコックコートを選ぶと良いでしょう。
特にカツラギ織りのトップコートは厚手で耐火性にも優れています。

また、ホールで接客をされるシェフの方であるのであれば、シワのできにくいポリエステルで織られたトップコートを選ぶと良いでしょう。
ポリエステルは綿に比べると少し耐火性には劣りますが、清潔感を常に保つ必要のあるシェフの方にはオススメでしょう。
加えて、ポリエステルは吸収性と速乾性にも優れているので、火を扱わない料理の下準備や皿洗いをされる方にも非常にオススメですよ。

さらに、トップコートを選ぶ際はぴったりのサイズのものを選ぶことも大切です。
コックコートというとその名前から上から羽織るコートのようなものを想像してしまいがちですが、ぴったりのサイズを選ぶことで動きやすく機能性も上がりますよ。

その他、暑い厨房で作業を行う方であるならば通気性と吸湿性に優れた綿100パーセントのトップコート、冷房がきいたホールで作業を行う方であるならば保湿性に優れたポリエステル100パーセントのトップコートを選んでみるのも良いでしょう。

以上、コックコートを選ぶコツについてご紹介しました。

□まとめ

今回は、コックコートの種類とコックコートを選ぶコツについてご紹介しました。
コックコートのご購入をお考えの方はぜひ参考にしてみて下さいね。
当社は、コックコートやエプロンをはじめとする飲食店ユニフォームを販売しています。
ご購入をお考えの方はぜひ当社のホームページをご覧下さい。

ユニフォーム会社が解説!コックコートのコーデ方法とは

コックコートを着たことがあるでしょうか。
飲食の仕事を始めるものの、着方が分からないという方もいらっしゃるでしょう。
また、最近着始めたばかりで適当に着ているという方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回はコックコートのコーディネートについて解説します。

□着こなし方について

コックコートを着こなしているシェフの方は格好良く見えますよね。
「あんな風に着こなしたい」
このように思っている方も多いでしょう。
それでは、コックコート上手く着るためにはどうしたら良いのでしょうか。

1つ目のポイントは、袖を伸ばして着ることです。
コックコートを思い浮かべたとき、長い袖をイメージする方も多いのではないでしょうか。
コックコートを着用する場合、袖を折らない姿が正装とされています。
袖を折っている姿は正確には着崩していると言えます。

そもそも、コックコートの袖は鍋つかみの代用品として使われます。
時間帯にもよりますが、調理場は非常に忙しい空間ですよね。
その中で、熱いものを運ぶ瞬間があります。
このときに、毎回鍋つかみを探していては時間のロスに繋がります。
また、慌てて取ると、事故に繋がる恐れもあるでしょう。

2つ目のポイントは、下着を着ないことです。
コックコートの生地には万が一、火を被っても燃え広がらないような素材を使用しています。
しかし、下着を身につけていると、下着に火が燃え移ってしまい意味がなくなるでしょう。
そのため、昔は素肌に着ることが正装とされていました。
最近では、素肌に着ることの落ちつかなさがあるため、下着を着ている方も多く見られます。

□コックコートには様々な種類がある

コックコートは白以外にも、様々な種類が存在します。
色やデザインが異なったものを選ぶことで、より幅広いコーディネートができます。

コックコートのイメージで白色を挙げる方は多いでしょう。
しかし、実は黒色もあることをご存知でしょうか。
黒いコックコートは白いものと比べて、高級感があり、おしゃれな印象を与えてくれます。
お店の雰囲気を醸し出したい場合、効果的でしょう。

また、白色の中でもデザインを凝ったものにすることで、一般的なコックコートとひと味違う印象を与えてくれます。
例えば、左右非対称を意味するアシンメトリーのコックコートがあります。
シンプルなものよりスタイリッシュに見せてくれます。

□まとめ

今回はコックコートのコーディネートと様々な種類を紹介しました。
当社でもシンプルなものから黒やデザイン性に富んだものまで幅広く揃えております。
コックコートの購入を検討している方は、ぜひ一度当社をご利用してみてはいかがでしょうか。

スクラブを着用する方へ!プリントしてオリジナルスクラブを作ることについて解説!

スクラブを職場で着る場合、統一感が欲しいという方もいらっしゃるでしょう。
そのような方には、スクラブにオリジナルプリントすることをおすすめします。
プリント入りのスクラブに満足するには、プリント方法と扱い方を知る必要があるでしょう。
そこで今回は、スクラブへのプリント方法と、洗濯方法を紹介します。

□プリント方法について

スクラブにプリントする方法には、いくつか種類があることをご存知ですか。
プリント方法が複数あると、どれを選べば良いのか分かりませんよね。
そこで、当社で扱っているシルクプリントと転写プリントの2種類を見ていきましょう。

シルクプリントとは、型枠と呼ばれるものを用いて印刷する方法です。
型枠はセロハンに穴が開いているところと開いていないところがあります。
そこにインクを流すと、穴の開いたところにのみ色が付き、デザイン通りの文字やイラストがプリントできます。
インクの色も豊富なため、理想的なオリジナルスクラブができるでしょう。

しかし、色ごとに型枠が必要となるため、少ししか作らない場合は割高になります。
大量生産を予定している方はシルクプリントが適しています。
多少時間もかかってしまうため、早急に完成させたい方には向いていないでしょう。

一方、転写プリントとはスクラブにシールのようなものを貼り付けてプリントする方法です。
写真やイラストのデータを取り込んでプリントするため、細部までこだわりたい方に向いているでしょう。
また、シルクプリントのように型が必要ないため、少数の製作にも向いています。

貼り付けているため、プリント部分が剥がれてしまう恐れがあります。
しかし、強力な接着剤を用いて、はがれを阻止しているためあまり気にならないでしょう。

□洗濯方法について

上記ではプリント方法を2種類紹介しました。
プリントをすると、オリジナル感があり、チームの一体感や責任感が生まれ、仕事に張りが出るでしょう。
しかし、扱い方が雑になると、プリントが色あせたり剥がれたりする恐れがあります。
そこで、長持ちさせるための洗濯方法を説明します。

プリント入りのスクラブを洗濯機に入れる際は、裏返しにして入れましょう。
裏返しにすることで、他の衣類との摩擦ダメージを軽減できます。
さらに、ネットに入れるとより長持ちできるでしょう。

洗った後は、表向きに直して、陰干しをします。
直射日光に晒すと、プリント部分が干からびる恐れがあります。

□まとめ

今回はスクラブへのプリント方法2種類と、洗濯方法について説明しました。
プリント方法ごとに特徴があるため、ご自身に合った方法を選ぶことが大切です。
当社では、様々な機能のあるスクラブを取り扱っているため、スクラブの購入を検討されている方はぜひ当社をご利用ください。